このサイトは、令和4年度(2022)から本格的にスタートした「田園環境都市おやまビジョン」策定の取組みを進行形で広く共有していくウェブマガジンです。市民・市・事業者の皆様で「調べる」「学び合う」「対話する」実践を重ねながら、30年後(2054年)、誰ひとり取り残さないウェルビーイングな小山市の未来を実現すべく、ビジョンの策定とまちづくりを進めています。

05

風土性調査レポート 風土性調査レポート
コウノトリ イラスト正面

私たちが暮らしている地域の足元を見つめ直してみませんか? 〜小山市11地区「風土性調査」レポート〜 私たちが暮らしている地域の足元を見つめ直してみませんか? 〜小山市11地区「風土性調査」レポート〜

20年後30年後の⼩⼭の未来を描くために、
まずは私たちが暮らしている地域の⾜元を⾒つめ直すことから。

⾵⼟性調査は、⼩⼭市全体やそれぞれの地域の⼤地の成り⽴ちや
⾃然、⽂化、伝統、地域のコミュニティのあり⽅などを、
フィールドワーク、⽂献調査、聞き取り調査、
アンケートなどを通して描き出し、
その総合的な地域の姿を「⾵⼟」として
地域の皆さんと共有するための取組みです。

⾵⼟性調査は、⼩⼭市と調査の専⾨家、そして地域のみなさまと共に、令和3年度の先⾏調査・⽣井地区に続き、令和6年度までの3年間で11の地区の調査を順次進めていきます。ここでは、その報告をお伝えしていきます。

調査報告の一覧へ

01

生井地区 Namai
調査実施:令和3年度7月〜9月

02

豊⽥地区 Toyoda
調査実施:令和4年度5⽉〜7⽉

03

小山地区 Oyama
調査実施:令和4年度8⽉〜12⽉

04

大谷北部・中部地区 Oyahokubu-chubu
調査:令和4年度 12⽉〜令和5年度2⽉

05

大谷南部地区 Oyananbu
調査実施予定:令和5年5月〜7月

06

桑地区 Kuwa
調査実施予定:令和5年8月〜10月

07

絹地区 Kinu
調査実施予定:令和5年11月〜令和6年1月

調査終了とレポートの公開までお待ちください